「ダマー映画祭inヒロシマ」は「広島国際映画祭」に生まれ変わりました!
http://www.hiff.jp/

同じ診療科に転職するのオススメ

転職するなら同じ診療科

看護学校を卒業してから30歳になるまで総合病院の内科に勤めてきました。
ベテランとはいかないものの内科に関する一通りの仕事は一人でもできるようになったのです。
でも、30歳になって結婚することに旦那と一緒に暮らすことになりました。
それまで通っていた病院との通勤距離が遠くなったため、敢えなく転職することにしたのです。
転職のためいくつもの看護師関係の求人募集を見ていて気づいたことがあります。
それは、内科以外の診療科についてあまり知識と経験がないということです。
もちろん看護学校で一通り教えてもらいましたが、10年近く前では現在の医療も様変わりしている可能性は高いですし、他の診療科についてはほとんど触れてこなかったのです。

 

内科といってもいろいろ

そのため、内科以外の診療科で働くのには非常に不安を感じてしまいました。
そこで転職も同じ内科に勤めることに決めたのです。
同じ診療科ならば、10年間勤続してきた経験も知識も蓄積しているのですぐにでも実践で活用できる自信がありました。
だから、求人サイトで検索を絞り込むときも、内科に限定したのです。
といっても、現在では一言で内科といっても、心療内科や脳神経内科や小児内科など細分化されています。
そのため、検索結果でもいろんな内科の病院やクリニックがヒットしてしまいました。
同じ内科でもそれぞれ仕事が多少異なるもので、自分にできそうな内科を選んでいったのです。

 

小児内科に決めました

そして、元々子供が好きだったため、小児内科を中心に転職活動をしました。
その結果、希望していた小児内科で看護師として働くことができ、新婚生活と新しい職場の2つの新しい人生を同時に出発することができました。
そして、新しい職場になって1年ほど経ったのです。
同じ内科ということで要領よく仕事ができたところもありますが、その一方で配置されている場所を一から覚えなおさないといけないため、仕事に慣れるのには2~3ヶ月ほどかかってしまいました。

 

快適に働いています

しかし、もしも別の診療科で働いていたとしたら、もっと覚えることがたくさんあったため、1年たった今でもまだ仕事に慣れていなかったかもしれません。
2~3ヶ月で慣れるのは早い方だと医者にも褒めてもらいましたし、同僚の看護師ともコミュニケーションがうまく取れてて、今では年下の看護師に仕事を教えるほどになりました。
このように、すぐに即戦力として新しい職場を見つけられたことは非常にラッキーだったのだと思っています。

広島の看護協会とナースセンター所在地

広島県看護協会の公式ホームページはこちら

 

広島県ナースセンター
〒730-0803
広島市中区広瀬北町9-2 公益社団法人広島県看護協会会館1階
TEL:082-293-9786 FAX:082-295-6749
http://www.nurse-hiroshima.or.jp/?nursecenter=index

 

広島県での派遣看護師の求人募集サイトと病院 施設 クリニック

魅力がいっぱいの広島県

ブルーガイドで三ツ星獲得の三段峡

広島県の観光地と言えば原爆ドームが一番に挙げられることが多いです。確かに原爆ドームは外せない場所です。しかし、他にも魅力がいっぱいの場所があります。まるで日本画を見ているようだと景色を見た人のほとんどが言う、三段峡がおすすめです。

 

三段峡は全長13キロメートルからなる大峡谷で、黒淵、二段滝、三ツ滝などの五大景観はとても見ごたえがあります。新緑の頃と紅葉の頃の景色は特に最高で、自然が作る芸術品とも言われています。遊歩道が整備されていますので、ゆっくり1日かけて散策するのがおすすめです。また、黒淵渡舟や猿飛渡舟が毎年11月の終わりごろまで運行されていますので、それを利用すると切り立つ大岩壁や原生林を近くで見ることができます。三段峡は、フランスのブルーガイド(フランスのアシェット社が発行する格付け観光ガイドブック)で三ツ星を獲得しています。広島県の観光スポットとしておすすめの場所です。広島に行った時は観光めぐりの一つに加えてみましょう。

 

家族で楽しめるガラスの里

広島県には、全国でも稀なガラスがメインのテーマパークがあります。ミュージアムゾーン、ガラスの城、工芸体験の3エリアに分かれています。ミュージアムゾーンはガラス博物館、ビーズ博物館、世界現代ガラス美術館、トーホー記念館といった見どころがいっぱいのゾーンとなっています。

 

ガラスの城は鏡の迷路や不思議な噴水などがあり、子どもたちが楽しめる場所です。ガラスの城ゾーンには、幸福のライオン像があります。ベネチアのシンボルである翼の生えたライオンは「復活を意味する獅子」だと言われています。工芸体験ゾーンでは、ステンドグラス作りやビーズアクセサリー講習、万華鏡作り、キャンドル作りなど12種類のガラス工芸体験ができます。子どもから大人まで楽しめますので家族で参加する人が多いようです。子どもたちにはビーズアクセサリー講習や万華鏡作りが人気となっているようです。ガラス製品を販売しているショップもありますので、気に入った製品があれば購入できます。ガラスの美しさ、不思議な魅力に引き込まれる場所です。

 

神秘の神社、厳島神社

広島県というと、世界文化遺産の厳島神社があるところです。厳島神社は海の上にある神社で、潮の満ち引きによって景観が変わります。朱塗りの社殿は回廊で結ばれており、満潮時には海に浮いているかのように見えます。海の青さと朱塗りの社殿を見ていると、竜宮城のようだと言われています。干潮時に行くと、鳥居のすぐ近くまで歩いて行けるので満潮時とはまた違った楽しみ方があります。

 

厳島神社は1年を通していつ行ってもそれぞれの季節の良さが感じられるので1年中観光客が絶えません。厳島神社へは宮島口からフェリーに乗りますが、たくさんフェリーが出ていますのであまり待つこともなく厳島神社まで行けます。フェリーを降りたら野生の鹿がお出迎えしてくれます。島内は神社だけでなくお土産屋さんや広島焼のお店なども多くあり、ゆっくりとあちこち回りながら過ごすことができます。

2015/11/07 04:19:07 |

広島銀行

広島銀行のカードローンには、「マイライフプラス」があります。特長としては、主婦やアルバイトの方も利用でき、柔軟な審査対応をとっていることです。ローンについては2種類の返済方法があるので、使いみちに合わせて使い分けましょう。自由に借入れ・返済が可能な「カード型」と、一度にまとまった金額を借入れし、毎月、決まった固定の額を返済していく「分割返済型」があります。

 

まずは「マイライフプラス」のカード型を紹介します。利用対象者は、年齢が20歳~57歳までで、年収は200万円以上となります。ローンとしては基準がやや高めです。限度額は10万円~500万円までで、10万円単位で設定できるます。金利については、変動金利では年3.475%~年13.975%、固定金利では年8.0%となっています。一方、「マイライフプラス」分割返済型では、利用対象者が年齢20歳~65歳までと、カード型より拡大されています。定額返済であることから計画的に返済できるとみなされていることがその理由と思われます。分割返済型も年収200万円以上が条件となります。限度額は10万円~300万円までで、1万円単位で設定できます。金利は、変動金利では年3.3%~年13.3%です。きちんと定額で返したい方におすすめできるローンです。

 

もみじ銀行

もみじ銀行のカードローンには、「マイカードプレミアム」があります。特長は、最高500万円までのゆとりある限度額でしょう。銀行、郵便局、セブンイレブンATMで借り入れ可能となっています。利用対象者は、営業エリア内に2年以上居住、もしくは3年以上勤務している方、年齢は20歳~60歳までで、更新時年齢は65歳までとなります。さらに、前年度の年収が200万円以上と定められています。派遣社員、パート、アルバイト、年金受給者、専業主婦の方は利用できないので、ご注意ください。金利は変動で年4.5%~年11.5%です。金利が他の銀行ローンと比べて低めに設定されている分、利用基準がしっかりしている印象があります。高額の融資が必要で、かつ確実に返済できる方向けのカードローンとなります。